趣味のコンテンツです

 

お時間がありましたら読んで下さい。

 

本当にその辺の方々より、ひどい人生を歩んできました。

 

これを読めばアフィリエイター宮田が成功した、秘訣やバックボーン、

 

そんなことが学べるかもしれません。

 

これを読んでいる貴方は、人生で行き詰まってもあきらめないでください。

 

大丈夫です。

 

いつか光が差します。

宮田物語・・・そして伝説へ・・・記事一覧

 

このドラマは、宮田がどんな少年期を過ごし、これを読んでいる方々よりもどれだけ底辺な生活や、人生を送ってきたのかを綴っている完全ノンフィクションである。クソみたいな宮田少年物語茨城の片田舎に彼は産まれた。なに不自由の無い生活。優しい親父、恵まれた環境。そんな、私が初めて警察のお世話になったのは・・・中学2年なりたての、13歳の時・・・犯行は原付きの窃盗。俗にいう少年犯罪、当時ラーメン屋を営んでいて毎...

 
 

話が繋がらないので、こちら第一話を読んで下さい。では続きです。金に取り憑かれた根性なしの宮田「金さえあれば・・・」そんな言葉を頭の中でグルグルさせながら生活する日々・・・その当時の仕事はパチンコ屋のバイト・・・なんのやりがいもなく、夢もなくただ、バイト時間が過ぎるのを待っていた。「休憩時間まだかなぁ〜」などと考えながら、パチンコホールの歯車となり、重いドル箱を上げ下げする日々。レールの敷かれた人生...

 
 

話が繋がらないので、読んでない方は先にこちらを読んで下さい。⇒第一話 ⇒第二話では続きです。現実に打ちのめされ・・・「おねがいします!お母様の形見を売って下さい!!!」私は、埼玉のとある住宅街で、先輩と一緒に土下座をしていた。お母さんの形見だという、プラチナの指輪を売ってもらうためだ。「目標金額まで達さないなら帰ってくるな!」これが会社のやり方、方針、ルールだったから必死だった。他人に土下座をして...

 
 

話が繋がらないので、読んでない方は先にこちらを読んで下さい。⇒第一話 ⇒第二話⇒第三話では続きです。彼女が口を開いた。そして限界に達してるであろう感情を抑えながら、こう言い放った「いつまでも家に引きこもって何してんの?いい加減仕事探しなよ。それともアタシの事、あてにしてんの???だったら別れるから。」そのままの気持ちをストレートに表現した言葉だった。今までの一ヶ月間の引きこもり生活に彼女は何も言わ...

 
 

話が繋がらないので、読んでない方は先にこちらを読んで下さい。⇒第一話 ⇒第二話⇒第三話⇒第四話では続きです。ネットで見つけた情報はヤフオクで転売のみで生活しているというブログだった。実は私はヤフオクは大好きで、何度も出品や落札をした経験がある。だからこの情報を、すんなり受け入れられたのかもしれない。「とにかくやってみよう。」そこから転売が始まった。まずは一番儲かりそうなチケット転売から始めた。リサ...