★冴えない金子の物語【お金の涙】

 

はい!宮田です!

 

 

かなり好評頂いている

 

「冴えない金子の物語」

 

の続編、第3章です!

 

 

前回の第2章「セミナー編」はこちら

 

★冴えない金子の物語「セミナー編」

 

 

何度もいいますが、すべて仮名以外、

 

全てノンフィクションです。

 

実際におこった出来事をネタにしてます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★冴えない金子の物語 【お金の涙】

 

 

 

ここは新宿、歌舞伎町・・・

 

 

眠らない街との異名をもつ

 

まさしく欲望渦巻く、

 

誰もが認める日本一の歓楽街だ

 

 

外国人

 

キャッチ

 

風俗嬢

 

ホスト

 

キャバ嬢

 

家出少女

 

 

色々な人が、色々な目的をもってこの街に訪れている。

 

 

ボッタクリの被害もあとを絶たない

 

 

これを書いている私、宮田も例外ではなく

 

ボッタクリの被害にあったことがある

 

 

この話は少々、えげつないので会ったときにでも聞いていただきたい。

 

 

 

 

金子は、この新宿のキャバクラにいた。

 

 

 

「おい! お前アフター付き合えよ!」

 

 

深夜3時。

 

風営法なぞしったことかと言わんばかりに営業しているキャバクラ。

 

 

オラオラで、嬢を口説いている金子がいた・・・

 

 

前回のセミナーでギャラ200万を獲得した金子は

 

 

その後、大阪、福岡と3大都市を回り

 

セールスしまくった。

 

 

そして計500万円ものギャラを手にしていた。

 

 

本来の

 

セミナースケジュールの王道は

 

地方を回り、最後に東京で行う

 

 

それは、地方の方が擦れてなく

 

クロージングし易いのと

 

 

他の地方を回っているうちに内容を微調整し

 

完成度の高い状態でセミナーで行わないと

 

東京では商品は売れないからだ。。。

 

 

それだけ東京の人は擦れているということだ。

 

 

これはセミナーを行う側にとっては王道パターンなので、

 

豆知識として覚えておいて頂きたい。

 

 

しかし金子はこの王道パターンから外れ

 

いきなり東京で1000万円もの売上を叩き出したのだから

 

主催者側も驚きを隠せず

 

大阪、福岡でも追加でセミナーを行ったのだった。

 

 

結果、金子は500万円もの大金を手にした。

 

 

サラリーマンの年収をたったの3公演のセミナーだけで達成したのだ。

 

 

 

分かりやすい金子は無論、天狗になった。

 

 

回りからもチヤホヤされる。

 

塾生からは「先生」と呼ばれ

 

お目当てのキャバ嬢からもおだてられる。

 

 

「金を稼ぐのなんて簡単なんだよ!」

 

 

そう勝ち誇った顔で言い放つ金子。

 

 

そのわけのわからない
自信が更に、

 

お金を呼び込むのかもしれない・・・

 

 

 

 

そんな金子に第2段のオファーが来た。

 

オファー内容はこう

 

●前回と同じFXの自動売買ツール

 

●年間で1000%

 

●月でいうと100%近く資産が増える

 

●幻のツールでこれ以上はない

 

●30万、50万、100万円と購入後に更にセールス動画が流れる

 

最高のコースで300万円!

 

 

マックスで480万円の塾費用だ。

 

 

実に新車一台分に及ぶ、過去に例を見ない最高額だ。

 

 

だが内容は

 

放ったらかしで稼げるというまさにノドから手が出るほどの内容だ。

 

 

 

全てウソのツールで、誰一人稼げないであろうが・・・

 

 

 

しかも今回は、売上の5%ギャラを払うという。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

1億売り上げれば500万にもなる計算だ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

しかも今回は大々的に、キャンペーンを行い

 

 

10億を目指す!という内容だ

 

そうなるとギャラはとんでもない額面になる。

 

 

 

金子はもちろん、二つ返事で承諾した。

 

 

 

 

早速、撮影の日を迎える・・・

 

 

気が重い・・・

 

 

この撮影だが本当に重労働なのは経験者しか分からないだろう。

 

 

 

気が重いのには、他にも理由があった・・・

 

 

プロのライターが書いた練り込まれた台本を

 

何度も何度も読み返した。

 

 

そして金子は思った。

 

 

「これはちょっと言い過ぎなのではないか?」

 

 

表現、言い方、言い回し

 

どれをとっても言い過ぎだと言うくらい盛っている

 

 

いや盛りすぎだ・・・

 

 

しかし、前代未聞の大型キャンペーン・・・

 

 

これだけ盛らないと赤字をこいてしまうかもしれない

 

そこまで売れないかもしれない

 

そうなるとギャラは無くなる・・・

 

 

こんな好条件のオファーはもう来ないかもしれない・・・

 

 

金子は腹を決めた

 

心を鬼にした。

 

 

 

本番の日・・・

 

 

金子は役者になった。

 

鬼になった。

 

 

「小学生でも、お年寄りでも誰でも稼げます!」

 

 

自信満々にそして、力強く!

 

 

何度も本番をやり直しをし、

 

最高の動画ができた。

 

 

なにが最高か・・・・

 

 

それは

 

 

動画の中で、泣いたのだ。

 

 

悲しいでっちあげの過去をネタに、

 

 

ぐしゃぐしゃに泣いた。

 

泣きながらカメラに向かって問いかける。

 

 

いわゆる泣き脅しだ・・・

 

 

かなり見慣れた常套手段だが

 

実はこれが一番効く。

 

 

 

そして・・・金子第2段・・・

 

渾身の一発!

 

 

詐欺動画の完成だ。

 

 

その後、アフィリエイターに協力してもらい

 

キャンペーンのスタート

 

 

みなさんも一度は見たことがあるであろう

 

 

メルマガ等で送られてくる

 

煽った文面で、
これが知りたいならメールアドレスを登録してくれというアレだ。

 

 

本来このメールアドレスは1万リスト

 

多くても2万リストを取ればいい方なのだが

 

 

今回は4万リスト以上。

 

 

通常のキャンペーンの倍以上リストを取った。

 

 

10億を目指す!

 

 

この言葉通り、

 

 

ふりちぎった内容

 

ふりちぎったリスト数

 

ふりちぎった泣き脅し

 

 

これらが全てマッチし、

 

売上で10億を達成したのだ!

 

 

金子は歓喜した!

 

 

ギャラで5000万が見えたのだ!

 

 

最高の気分だ!

 

 

不安があった分、反動で最高の気分になった!

 

 

 

そんな中、

 

金子に一本の電話が鳴った。

 

 

誰からの電話かみてみると

 

地元の、おばあちゃんからだった。

 

 

昔から、おばあちゃん子だった金子。

 

もう70を超えたお婆ちゃんを

 

いつも心の片隅で、金子は心配していたのだった。

 

 

 

金子にも優しい一面があるものだ。

 

 

 

しかし、その電話が、

 

金子を奈落の底に突き落とされることになるとは・・・・

 

 

 

続く・・・

 

 

第3章 【お金の涙】 完

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

というわけで長くなったのでいいところで切ります(笑)

 

金子がどうなったのか次回をお楽しみにしてください!

 

 

この物語は実際にありました。

 

今後の金子も、実際にあった事をネタにしてます。

 

 

ですので、

 

その元ネタの本人に見られたらバレます(笑)