輸入ビジネスとPPCアフィリエイトの共通点

 

輸入ビジネスとPPCアフィリエイトの共通点とはなんだと思いますか?

 

私は安定の輸入ビジネスからネットビジネスに参入し、今も新商品は探さなくとも、売れる商品をヤフオクなどでチョコチョコと販売しております。

 

因みにこの記事を書いている、現在の私の収入の内訳です。

 

月収ベース
  • アフィリエイト全て 約30万〜50万円(PPC広告費を抜いた純利益)
  • PPC代行など外注先 20万
  • 輸入ビジネス 約10万

計50万円程

 

去年の12月頃までは、輸入ビジネスをガンガンとやっていたのですが、
PPCアフィリエイトに出会ってからは、輸入ビジネスには見切りをつけ商品リサーチなど何もせずに、売れている商品を在庫が無くならないように仕入れているだけ。

 

1日の輸入ビジネスの作業量は1時間にも満たないです。

 

輸入ビジネスとPPCアフィリエイトって似ているところがあります。

 

それは仕入れを行うと言う事。

 

わかりやすく言うと、

 

輸入ビジネスの仕入れはもちろん商品。

 

PPCアフィリエイトの仕入れは、アクセスを金で買う。と言う事。

 

PPC広告費=仕入れ

 

なわけで、そのPPC広告からのアクセスで儲かったのか儲からないのか決まると言う事で、
考え方によっては似ていると思うのですが、共感しませんか?

 

しかしPPCアフィリエイトと輸入ビジネスの決定的な違いがあります・・・

 

それはアフィリエイトは在庫リスクがない!と言う事!

 

アフィリエイトはただの仲介業なので、輸入ビジネスの様に商品を仕入れて発送などの手間もありませんし、売れない商品を抱え込むリスクもありません。

 

特に中国輸入だと気をつけないと不良品などのリスクも高いので、在庫リスクも高いです。

 

アフィリエイトの場合、売れない案件だったらヤメればいいだけ。

不良品などのリスクもありません。

 

深く考えてみてもリスクなんてほとんどありませんし、経費も最低限のドメイン代やサーバー代のみ。

 

ですので、私はアフィリエイトほど完璧なビジネスモデルはないと思っています。

 

⇒PPCアフィリエイトのやり方 王道の3パターン

PPCとSEOの融合!ハイブリットアフィリエイト!無料セミナー動画

自分の初セミナー動画を、無料配布しています。
期間限定!予告なく終了しますので、お早めにどうぞ!

 

⇒詳しくはコチラのページで