アフィリエイトの将来性と、今後の展望

アフィリエイトの今後はどうなるのか?

 

私的見解です。

 

ネットやスマートフォンのインフラや進歩により、ネットでの集客が今まで以上に重要となり、
ビジネスにおいてネット集客なしではもうやっていけない時代がきています。

 

今後、企業はネット集客やネット販売に力を入れざるを得ない時代です。

 

でないとまともにビジネスできません!

 

アフィリエイターというのは、ネット集客でのプロであり、その存在価値を確実に日々高めています。

 

ネットで集客できず苦戦している企業の代わりに商品を売ってあげている!

 

しかも成果報酬なので企業側のリスクはほぼナシ!

 

という画期的なシステムにより、アフィリエイト市場はさらに拡大すると思われます。

 

優良大企業にとって広告費というのは、かなり莫大です。
しかも広告の代名詞とも言えるテレビや新聞雑誌の紙の媒体の広告も縮小傾向です。

 

電通にデータよると、

 

2013年の日本の広告費は5兆7096億円。
前年にくらべ、

  • テレビ(99・5%)、
  • 新聞(93・7%)、
  • 雑誌(93・0%)、
  • ラジオ(96・0%)

は減少しています。

 

増えたのは、
地デジ化の衛星メディア関連(113・6%)とインターネット(108・1%)でした。

 

このようにネット広告に企業もシフトしてきており、そのネット広告のなかにはもちろんアフィリエイト広告費も入っております。

 

企業も年間莫大な予算の広告費を使うなら、より効果のハッキリと見える広告媒体に出したいのでしょうね。

 

アフィリエイトやネット広告は全て効果が数字でわかりますので、先々のマーケティングにもそのデータというのは役に立つのです。

 

PPC広告もCPAと言って、一つ商品を売るのにいくら広告費がかかったのか、など細かく分析もできますし、
広告文面は一般的のどういった言い回しがウケがいいのかなど、手に取るように分析でき、データとしてわかります。

 

テレビ、新聞、雑誌はハッキリと数字ではわかりませんからネット広告にシフトするのは当然ですね。

 

この、物が売れない時代に、効果の定かでない広告を打つなんて無駄銭、ギャンブルもいいところです。

 

そこでアフィリエイト市場も拡大するわけですが、気になるのはライバルの存在ですよね?

 

次では、

 

⇒アフィリエイターは増えていて激戦区なのか?

 

についてです。

PPCとSEOの融合!ハイブリットアフィリエイト!無料セミナー動画

自分の初セミナー動画を、無料配布しています。
期間限定!予告なく終了しますので、お早めにどうぞ!

 

⇒詳しくはコチラのページで